スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北ゲーム紀行 店舗編

・おことわり
正直に言おう。海外でイチャモンつけられると怖いので写真はあまり撮れなかったのだ!
だから当然、店内の写真はないです。外観で我慢してね!
それにまあ、ゲーム屋って大体似たり寄ったりなので、個別紹介するわけじゃないからあまり数は撮ってないです。
最初以外は割と目を引くような店を撮ったので、雰囲気を味わってもらえれば、と思います。
あとは、普段カメラを殆ど触らない人がデジカメで撮っているので…写真としての出来には目を瞑って下さい。
雰囲気です。雰囲気。
ないとは思うんですけど何か問題あったら一言下さい。

それでは地下街の中です。
撮った順になるので、基本的に東から西に向かっての並びになります。
夢想家
一番最初に遭遇したお店。
中古商品メインで、ケースに入ってるのは限定版やら限定本体やら。
見る人が見れば珍しい物もあるのかも。
殆ど日本のゲームだったかな?「TOKYO GAME」だし。左上赤丸。
日本人がUSAとかParisとか意味もなく書く感覚と一緒だろうから気にしてはいけない。

店舗1
地下街全体に、360とPS3の試遊台がやたら沢山ある。
ここのは左がRISEN、右がギアーズかな。
他店舗で偶然実績を解除しているのを見たので、どうやら製品版を使っている様子。
ここの店のおばちゃんは英語も若干わかるらしく、コミュニケーションがやりやすかった。

店舗2
北斗無双を全力で推すコーエーさん。ライトニングさんは向かいが映り込んでます。
確か左にちょっとした人だかりがあって、ゴッドオブウォー3試遊台が大盛況。

店舗3
何を思って撮影したのか記憶がない。

イチゴサンデー
オタクショップ。台湾のオタショップには結構何でもあります。
店舗名にピンと来た者は正直に手を挙げなさい。

時光屋
看板に書いてある通り、本、グッズ、ゲーム入り乱れ系の店。
入って左角の方は日本の雑誌とかサブカル系の絵描きさんの画集とか。
真ん中の方はレトロゲーム。右に行くと最近のゲームと、とかく何でもあり。

時光屋2
先程の写真右側。OTAKUが限定版を求めるのはどこでも変わらないようだ。

で、予想外に枚数が少なくて動揺しているという…
まあ今回は時間があまりなかったのと、自分のお買い物に重きを置いていたところがあるので許してね☆
次回またどこかに視察(笑)に行く時の教訓とします。


あとは、最初の写真の店付近に「殆ど日本語の本しか売ってない本屋」とか。
正面には女性誌多めの雑誌全般・漫画雑誌・漫画単行本、奥に入ると画集やら写真集やら。
普通に日本で売っているものをそのまま持ってきている様子。
ガンダムは人気があるようでガンプラを取り扱っている店が沢山。

ゲームの話に戻りますが、置いてあるゲームの半分、あるいはそれ以上は実は日本のものです。
何となく日本での流れだとアジアで売ってるゲーム=アジア版=英語と想像してしまいますけどね。
大体な感じですが、店に並んでいたのは5:4で日本語:英語のゲームな印象かな。
残りの1は中国語字幕、中文が入っているものもないことはないっぽいです。
小さーく中文コーナーがあった店が幾つかあったので。
ただこれは、本当に僅かのようです。1どころか0.5以下ぐらいかも。


次回更新は台北地下街の広告。引き続き写真更新となります!
こちらの方が数はある…はず。


おまけ
任天堂
ここは地下街ではなく屋外です。
免税店、ファミマ(「全家」と言う)、そして任天堂(の代理店さん?)の並びです。
安物の中身一切なしのツアー(飛行機と宿だけ)だったので、到着即免税店に連れてこられた時の写真。
見てわかるように、免税店前はカオス。
やかましい中国本土からと思われる観光客、ぼーっとしている間抜けそうな日本人観光客(自分含む)がたむろ。
それら観光客をそれぞれの言語で先導するガイドさん。
あるいは観光客相手にファミマ外の脇で怪しい財布などを売る物売り(この表現がいちばんしっくりくる)の老人。
という立地のせいか、見えている赤い…何と言うのかベルトのようなものでこれらを防いでいるようです。

「営業してないのかな…?」と近づくと客がいる様子。
ソファーや照明などインテリア全般がオシャレで、本棚のようなところに陳列されているソフト。
ゲームショップと言うよりかは、家具か住宅のモデルルームのような様子。
Wiiスポーツリゾートが現在の一押しのようだった。
という様子を外から見た。
入りにくかったんだよ!雰囲気が!

コメントの投稿

非公開コメント

ひとこと
9/2 古い記事を幾つか消しました
プロフィール
Steam ID

Rin

かいてるひと:Rin

Twitter
カテゴリ
検索フォーム
人気記事らしい
(実験的に設置中)
RSSリンクの表示
リンク
こっそり
こっそり2
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。