スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北ゲーム紀行 お買い物編

えーいつの間にかこの旅からゆうに1ヶ月を経過してしまっているのは秘密だ!
Twitterばっかり構ってて、拗ねてスパムだらけになっていないか心配でしたがそんなことはなかった。

能書きはそこそこに、ゲーム関係のもので買ってきたもの行ってみましょうか。
『お土産はねぇからな!!』
購入ソフト
WET、WHEELMAN、GHOSTBUSTERS THE VIDEO GAME
まあこれは日本でも普通に買えますね。
WETは新品、他二つは中古品です。

お値段はニュー台湾ドル(NTD、大まかに1NTD=3円)で、
WET=590NTD≒1800円
WHEELMAN=800NTD≒2400円
GHOSTBUSTERS=900NTD≒2700円
まあ日本で買うよりは安いかと。
基準がa-T○○日○橋店だからかもしれませんが…あそこ輸入ゲーム中古高いよね…
特にWETは結構いいお買物だったかなーと思います。
日本で言うところのワゴン的な場所にあったのを買ったので。
中古は動作確認しましたが普通に動きました。動いてくれないと困りますが。

とある週刊誌
さて、これはなんでしょう。
正解は、ギャルゲー雑誌でしt…いいえ、これが天下のファミ通さんです。台湾版です。香港でも売っている様子。

小さい字潰れてますが…これ日本でも連載されてるよね…?よく知らないけど
ヒャッハーMHF
ほれ。中身は全力でファミ通。
全体的に日本のより薄くて文字は繁体字(台湾で使われている漢字で、本土の簡体字と違い日本の字とほぼ同じなのでので簡単に内容が把握できる)、ところどころ訳しにくそうな部分は平仮名片仮名も。
日本版の翻訳が殆どですが、一部オリジナル記事もある様子。
買ってきた号のはそれぞれ表紙にある通り「現在の台湾ゲーム市場分析」と「360台湾4周年」という自分にドンピシャな記事。この2冊しかなかったのに。
特に前者のデータは個人的にかなり興味深いです。
お値段、定価は138NTD/98NTD、高いのは合併号?
でもお店ではなんだかよくわからないけどそれぞれ110/80だった。
本当は現地のゲーム雑誌があったら欲しかったんだけど見当たらなかった、もしかしてそんなものはない?
あったらいいなーと思っていたOXMもなかったです。皆ネットで十分なのかな。

男の…
MSお得意のお持ち帰り自由頒布物。
表紙は北斗で『男の拳は、愛のためにある。』…めっちゃ日本語ですやん。
紹介されているのは「ゲーム広告編」の方で紹介したタイトルが殆どなので割愛。
ファミ通もですが、表紙の文字からタイトルを連想してみるのも楽しいかも。




ところで俺の箱○を見てくれ。こいつをどう思う?
VIVA
あつまれ!

フェイスプレートである。
画面が寂しかったのでWETさん
これは店が大量に仕入れてしまったようで、袋が少々薄汚れた感じで投げ売られていた。
正規品シールも付いているのに価格が199NTDなところが色々と物語る…
他の店でもフェイスプレートを置いているか尋ねてみたが、見つけることはできなかった。
ちなみに売っている店は写真がなくて申し訳ないが、印地安と書いてINDIANと読むらしき店です。
ゲーム半分ガンプラやアニメグッズ半分といった感じだった記憶が。
まだ数はあるぞ!みんな台北に飛ぶんだ!

ゲーム関係のお買物はこんなものでした。案外何も買ってねえ。
当然ながら別にソフト等もそこまで安いわけじゃないですから。
次に行くならば香港かUSか、UKもいいよね…やっぱり360ユーザーなら米国に行ってGameStopと洒落込みたいところかな。
一応台湾ネタでゲーム関係の記事はここで完なのです。
後の2つほどは行き場のない台湾ネタの掃き溜めとなるのでご容赦ください。
(ボツになりましたw 詳しくはまとめ編で)

コメントの投稿

非公開コメント

ひとこと
9/2 古い記事を幾つか消しました
プロフィール
Steam ID

Rin

かいてるひと:Rin

Twitter
カテゴリ
検索フォーム
人気記事らしい
(実験的に設置中)
RSSリンクの表示
リンク
こっそり
こっそり2
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。